Intel DG965RYにCentOS4.4をインストールする

インストール前

  1. biosを最新版にアップデートする
  2. biosの設定画面でHDDをIDEからAHCIに変更する。ただしAHCIにするとCentOSからはSATA HDDを二台しか使えない(BIOSでは認識しているが、CentOSからはSATA HDDの3、4台目がSATA link downとなって使えない。SATAの全てのポートを使うにはkernel2.6.18にパッチを当ててkernelを新しく作る。)

インストール時のbootオプション

インストールCDから起動した後 boot: とでてくるので

linux pci=nommconf all-generic-ide

と入力してEnterキーを押す。これで次の現象を回避できる。

初回起動時

  1. grubからカーネルオプションを指定して起動する
    1. grubでカーネルを選択する画面に入り、適当なカーネルを選んでeキーを押す
    2. 2行目のkernel...を選択しeキーを押す
    3. 行の最後に上記のオプション
      pci=nommconf all-generic-ide
      を追加してEnterキーを押す
    4. bキーを押して起動する
  2. 次回以降の起動のためにgrub.confにオプションを追加する
    1. /boot/grub/grub.confを開き
      pci=nommconf all-generic-ide
      をkernel...の最後に追加する。
  3. LANデバイスを認識させる
    1. e1000用のドライバをダウンロードしてくる
    2. 展開後READMEに従ってインストール
      $ cd SOURCE DIRECTORY
      # make install
      # modprobe e1000
    3. ネットワークの設定をおこなう

Kernelの更新

SATAの全てのポートを使うためにKernelを更新する。

  1. Kernel2.6.18.5のソースを取得し/usr/srcに展開する。
  2. 展開したディレクトリにシンボリックリンクを張る。
    ln -s /usr/src/linux-2.6.18.5 /usr/src/linux
  3. パッチを適当な名前で保存(ここではsata-patch)し、当てる。
    cd /usr/src/linux
    patch -p1 < sata-patch
  4. CentOS4.4のKernelの.configを流用する。ここでは2.6.9-42.0.3.ELsmpの設定を使うことにした。
    cp /boot/config-2.6.9-42.0.3.ELsmp .config
  5. 新しい設定を追加するためにmake oldconfigをおこなう。新しい機能の設定は後でmenuconfigからおこなうことにしてEnterキーを連打で終わらせた。
    make oldconfig
    make menuconfigでkernelに組み込む機能を選択する。RAID関係とIPTABLES関係が入っているかを確認する。
    make menuconfig
  6. Kernelを作る。
    make
    make modules
    make modules_install
    make install
  7. /boot/grub/grub.confを確認する。
  8. SELinuxが有効になっていると起動しないので無効にする。
  9. 再起動

RAID

  1. grubのインストール

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-12 (火) 20:04:23